全力にゃんす!

Everything starts from the move !

九州在住者が今回の震災で何ができるか1週間考えた結果

f:id:nyansu-nyan:20160422003352j:plain
14日に地震が起こって以来、自分には何ができるのかずっと考えては下書きを繰り返していました。
でもなかなか上手くまとまらなくて、この1年で九州全県を訪ね、阿蘇も別府も庭のように思っていたはずなのに、今は遠く感じてしまう事に悔しさを募らせる日々。
偽善とすら呼べないようなものですが、自分と向き合って「これなら役に立てるかもしれない」と思ったことを挙げていこうと思います。


自分の強みから出来ることを考えてみた


- 1. ミニマリストである。

倒れる家具がない程度には家にモノが少ないので、収納場所や部屋の空間が余っています。ここを活かして、支援物資を仕分けする場所に使ったり、一時保管しておいてまとめて送ったりすることができるかもしれない。
支援か買い占めの影響かわかりませんが、私の地域では既に飲料水や保存食の大量確保が難しくなりつつあります。行政への持ち込みの受付時間も限られています。個人単位でもまとめて置ける場所があれば、ヒトやモノの混雑解消に少しでも役立てるのではないかと思いました。

また、家にいる時間が少ないので、気心が知れた方であれば、あまり気兼ねなくルームシェアすることが可能かも。


- 2. ブログという自分メディアを持っている。

微力ながら情報を拡散させることや、自分や人の想いを発信することができます。
適切な情報を適切なところへ届けることができれば救われる人がいるかもしれない。

そして、これは図々しい願いかもしれませんが、何気ない日常の話によって癒される人や、思わず笑ってしまうような話で気持ちが明るくなる人が少しでも存在してくれればこんな嬉しいことはないです。

また、PV数だけに留まらない、Twitterやオフ会を通じて得た生身の人間としての交流があります。
真夜中に1人で余震の恐怖と闘っているなか、心配してくださる方や、適切なアドバイスをくださる方の言葉がどんなに心強かったことか。
すぐに動揺してパニックになってしまう私が、比較的落ち着いて、水や電源を確保したり、持ち出し用の荷物を手元にまとめたりできたのもこの方たちのおかげです。



- 3. でもやっぱり一番は…。

上記の2点を受けて、じゃあ今すぐ物資を集めて回ったり、情報を1つ1つ吟味してまとめたりできるか?と言われれば、今の仕事をしながらの体力と持ち時間では正直かなり難しいです。
私が無理をしてやるより、できる方ができる時にやった方が速さも正確さも数倍上だと思います。

私が私であることの一番の強みは、やはり仕事に関することだと思います。
被災地の方々の苦労には遠く及ばないですが、私の元にもちらほらと地震の影響で迷子になっちゃった子、持病が悪化した子、体調を崩す子などがやって来ます。また、飼い主さんの間にも強い不安が広がっているのを連日感じています。

結局、私が一番力を尽くすべきところはここなんじゃないかな。

無謀な情報収集と支援活動により寝不足となって朦朧した頭で淡々と仕事をこなすより、しっかり寝て、しっかり食べて、少しでも動物と家族の方の不安が和らぐよう笑顔で真摯に向き合うことが私に与えられた使命だと気付きました。



まとめ: 自分が本当に役に立てることを考えよう

5年前、私は全く地震とは関係のないところにいたにも関わらず、ニュースを見てはふさぎ込むは、デマを拡散してしまうは、身分不相応な募金をしようとして友人に止められるはで、何とかしたいという想いだけがむなしく空回りしていました。

今回も、被災地はすぐそこなのに、知り合いもたくさんいるのにと、直接手を貸してあげられない無力感でいっぱいになります。

でも、だからこそ、自分は何者なのか、誰のために動くことが一番の貢献になるのか、一歩引いて冷静に問いかけることが大事なんじゃないかと思いました。



最後に:これだけは言わせて!!

f:id:nyansu-nyan:20160422003931j:plain
はい、一言で言うとこれに尽きます。
大分も熊本もめっっちゃ良いとこだから!
ごはん美味しい!景色もキレイ!温泉サイコー!
人も優しいし、気候は過ごしやすいし、人生で一度は行って欲しい場所だと思うよ!

ちなみに、にゃんすが九州で働くことに決めた理由は、「私が一番自分らしくいられる所だった」から!本当にたったそれだけの直感的な理由だけで、今まで縁も所縁もなかった土地に住んでいるからな!



私は九州のことば好いとーけん、今は目の前のことに全力にゃんすすっとたい!!