全力にゃんす!

Everything starts from the move !

スレッディング(糸脱毛)で脱ひげガール⁉︎【地味子の女子力奮闘記②】

これは、今まで己の容姿を磨くことにほとんど興味を持たずに生きてきた女が、自分の美意識と全力で向き合い、外見や内面を変化させていくまでの、葛藤と奮闘を記した記録である。

 既存の『女子力』なんて猫に小判!

より身軽さと自由さを求めて新たな世界に挑戦していく、愛と感動のにゃんデレラストーリーの始まり始まり〜!

 

※今回の記事は、都内にある某有名おかまバーとは一切関係ありません。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 顔の産毛ってどうすんの?

女性同士でも議論を交わすことの少ないこの問題。全剃り?ポイントのみ?頻度は?

一体どうするのが正解なのだろう。

 

一応眉毛と口の周りだけはシェーバーで処理していたけれど、剃った後は肌荒れるし痛いし、あんまりやりたくない。

 

普段はマスクしているので他人に不快感を与えるわけでもないし、生活に支障をきたさないのなら別に処理しなくても良いような気もする。

 f:id:nyansu-nyan:20170611022930p:image

しかし、身なりに気を配らないということは、時として余裕のなさや自信のなさ、人への気遣いのなさ、だらしのなさの表れと判断される。

 

いやひょっとしたら「君のそんな飾らないところが素敵だよ」と言ってくれる物好きもいるのかもしれないが、地味ださヒゲガールは私の守るべきアイデンティティではない。 

 

私にとっては、顔に産毛があろうがなかろうが自分自身であることには変わりないし、人に対してもそう思っているのでどうでもいい。

 

だけど、「どうでもいい部分」であるのなら、一度しっかり向き合ってみて、自分の人生に有利な方を選択すれば良いのではないだろうか。

  

たとえ自己満足であっても、似合う色のお洋服を身につけたときのように、気分まで明るくなったり心の持ちようが変わったりするのであれば、今よりもっと人生が楽しくなるかもしれない。

【パーソナルカラー診断】なりたい自分を、自分で選ぶということ【サマータイプのコーデ&メイク】 - 全力にゃんす!

 

  

スレッディング(糸脱毛)とは?

細い糸を自在に操って、顔の産毛を絡めて抜いていく方法。アジア系の国で盛んらしい。

 

なんか職人技っぽくてかっこいい。

 

これがレーザーや光脱毛ではなく、糸脱毛を選んだ理由。

 

顔の産毛がなくなると、顔色が明るくなって毛穴も目立ちにくくなるらしいし、ここはプロにお願いして、手っ取り早く垢抜けにゃんすになっておこう。

 

 

はじめてのスレッディング

①医者の不養生ならぬ、お姉さんの肌荒れ?

 

田舎より意を決して這い出てきて、なんかオシャレなサロン?とやらに行ってみた。

 

どんな職人が登場するのかと思いきや、出てきたのはまつ毛バサバサのなんかオシャレなお姉さん。

 

お姉さん、めっちゃ肌荒れてるんですけど…!

 

大丈夫?ちゃんと野菜とタンパク質食べてる?しっかり寝てる?ちょっと働きすぎなんじゃない?

 

つい心配してしまったけど、逆に私が外見や健康に対して手を抜くと、仕事の腕まで疑われるかもしれないってことだよね。気をつけよう。

 

 

②痛そうだな、と思ってはいたけれど…

 

さて、いよいよスレッディング初体験。

これで地味ださヒゲにゃんすからは卒業よ!

 

ブチブチブチィッ!!

 

なにこれめっちゃ痛い。

 

意思に関係なく涙がにじんでくる。

 

 他の部位で言うと、指の所に近いのかな?

薄くて神経過敏な場所の毛を連続で引き抜かれる感覚。

 

 これが続くこと約1時間。

 

前回のエステでの蒸し風呂と言い、なんでお金を払って拷問に近い責め苦を負わにゃならんのだ。

 エステで受け取り力を鍛えよう!【地味子の女子力奮闘記①】 - 全力にゃんす!

 

もし「あの子良いなーと思って近付いてみたら、顔にうっすら毛が生えてたんだよwwまじありえねーwwww」とか言っている男がいたら、そいつらの指毛を一本一本引き抜いてやりてぇ…むしろヒゲごと愛す覚悟で行けよ!

 

 理不尽な痛みに耐えながら、物騒な妄想で気を紛らわせている間に施術終了。

もう少しで『恐怖!巷で噂の妖怪指毛抜き女』が出来上がるとこだった。あぶないあぶない。

 

 

③肝心の出来栄えはいかに!?

 

濡れタオルでしっかり冷やした後、ようやく鏡とご対面。すごい炎症を起こして、真っ赤になって腫れたりとかしてたらどうしよう…。

 

な、なんじゃこりゃぁぁ!

 

つるつるピカピカ垢抜けにゃんすがそこにぃぃっ!

 

30cm以上離れた距離からの、フェイスラインの肌の質感だけを見たら石原さとみなんじゃない!?

 

お姉さんすごい!さすが職人!よっ日本一!

でもちゃんと寝てね!

 

こうしてスレッディングのビューティーパワーにより、妖怪指毛抜き女は退治され、世界には再び平和が訪れたのであった。

〜完〜

 

 

施術を終えての感想 

 マスクの下に隠された顔に毛があろうがなかろうが、私の世界に変わりはない。

 

でも鏡を見る度に、眉毛の下や口周りの毛を発見して憂鬱な気分になることが減った。

心なしか、毛穴も小さくなったような気もする。

 

痛みに耐えてもう一度やるのかと問われると正直ためらうが、ここぞ!というときには意を決して挑戦するかもしれない。

 

今回は、自分の外見に気を配ることの大切さや、綺麗でいることの大変さ、効果が得られたときの嬉しさ等を実感しました。