全力にゃんす!

仕事も趣味も全力で楽しむ弾丸トラベラー獣医師の雑記

【福岡】泊まれる立ち飲み屋⁉︎ stand by meに行ってきた

九州の首都、博多。

ビジネスや観光などで訪れる方も多いのではないでしょうか。

 

 

旅好き酒好き美味しいもの好きで、好奇心旺盛な私。

「地元のお酒や食材をリーズナブルに美味しく楽しみたい!」

「1人で寂しいからちょっと誰かとお喋りしたい」

「でも放っておいて欲しいときもある」

「好きなだけ呑んだり食べたりしたらそのまますぐ寝たい!」

こういう想いに駆られることがよくあります。

 

今回、そのようなニーズを満たすゲストハウスに宿泊してきたので、紹介します!

 

 

 

「泊まれる立ち飲み」がコンセプトのゲストハウスstand by me

f:id:nyansu-nyan:20190421151350j:image

博多駅から地下鉄で大濠公園駅で降り、5-6分ほど歩いたところにあるビル型ゲストハウス。

泊まれる立ち飲み STAND BY ME | ゲストハウスと立ち飲み居酒屋

大通りに面しており、近くにコンビニなども充実しているので便利です。

f:id:nyansu-nyan:20190421150448j:image

1階が立ち飲み屋、2,3階がホステルとなっています。

料金は1泊4.000円〜。

1階では地元の方も含め大勢でワイワイしている方もいれば、カウンターでしっぽり1人呑みしている方もおり、2階では外国人観光客や日本人旅行者が共有スペースでまったりしていました。

 

余談ですが、チェックインのときに対応してくれた女性スタッフが可愛くて、「これが博多美人…!」とドキドキしてしまいました。

 

 

 

ちょっと変わったシステム①:yes/noコースター

賑やかな居酒屋で呑むときって、お店の方や隣の席の人とちょっとお話ししたいなーと思うときもあれば、いや今は1人でじっくりお酒と向き合いたい!と思うときもありませんか?

 

そんな方にうってつけなのが、この意思表示コースターシステム!

f:id:nyansu-nyan:20190421150451j:image

青のコースターを表にしていれば、「誰かお話しましょーよー!」のサインとなり、
f:id:nyansu-nyan:20190421150444j:image

白のコースターを表にしていれば、「今はお酒と対話してるんで、ほっといてくれますか?」のサインとなります。

 

まるで、かつて一世を風靡?したイエスノー枕みたいですね!って言ったら微妙な空気が流れました。

ラブピロー

ラブピロー

 

青のコースターの中でも「ただしイケメンに限る」とか、「愚痴やマウンティング以外なら大歓迎」とかのバリエーションがあればいいですね。

 

 

ちょっと変わったシステム②:通貨は木札!?

f:id:nyansu-nyan:20190421160031j:image

(画像はHPよりお借りしました)

こちらのお店では、あらかじめレジで1.000円で4枚の木札と交換しておきます。

お酒や料理を頼んで、テーブルに運ばれてきたら1-2枚の手札と交換。

 

最近、お洒落なゲストハウス併設バーなどでは注文するごとにお金を払うキャッシュオンシステムをよく見かけますが、確かに割り勘の不公平感がなくて便利な分、いちいちレジまで行って小銭を出して〜ってやるのが面倒だったりするんですよね。

 

この木札交換システムだと、キャッシュオンのメリットを享受しつつデメリットを解消できるので、かなり画期的な方法だと思いました。

 

それにしても、ほとんどのメニューが1品250円なんて安すぎません…?

お酒も普通のサイズの枡に並々注いでくれます。

そしてどのメニューもめちゃくちゃ美味しいです。

 

おかげでベロベロに呑みすぎて料理の写真を撮り忘れるという失態を犯しました。

 

 

ちょっと変わったシステム③:ニックネームオーダー制

メニューをオーダーする際、直接スタッフさんに口頭でお伝えするか、オーダー表に手書きしてお渡しするのですが。

 

このオーダー表には「ニックネーム記入欄」があるのですね。

 

立ち飲み屋なので席が自由に移動してもちゃんと届けられるように、というのとコミュニケーションツールの一環としてだとは思うのですが。

 

「にゃんすさーーん!!」

 

と、めちゃくちゃ大声で親しげに呼ばれます。

あれこの人どっかで会ったことあったっけ?ってくらい。

ちょっと変わったニックネームをお持ちの方はついうっかり恥ずかしい感じになりかねないのでお気をつけください。

 

 

 

お洒落で清潔な宿泊スペース
f:id:nyansu-nyan:20190421150441j:image

格安で思う存分呑んで食べて喋ったあとは、「実は上に部屋、取ってあるんで…//」とスタコラ退散し、のんびりゴロゴロ。

 

2階の共有スペースでゆっくりお白湯を飲みながら観光情報誌を眺めたり、1階のシャワールームでさっぱりしたり、3階のソファスペースでゴロゴロしたり。

 

ベッドもちょうどいいプライバシーの保たれ方とほどよい柔らかさのマットレスでのんびりくつろぐことができました。

 

ただ、建物のつくり的に縦に長いので、2階にトイレに行ったり1階の洗面台に行ったりと、階段の登り降りが多いのが酔っ払いには地味にキツかったかな。

 それも階段がしんどくなる程呑まないようにっていうお店側の配慮なのかもしれない。

 

 

シンプルに沁みる絶品朝食
f:id:nyansu-nyan:20190421150456j:image

プラス400円でお願いした朝ごはん。

 

豚汁、生卵、明太子、ポテトサラダのシンプルなメニュー。

 

だけど呑みすぎの身体にじんわり染み渡る優しい味…!

 

これで朝から元気にサクサク動けます!

 

 

まとめ

  • 「泊まれる立ち飲み」stand by meは利便性が高く、ビジネスや観光におすすめ
  • 立ち飲みスペースはシステムが画期的かつ面白くて味も最高
  • 宿泊スペースはお洒落で清潔な快適空間
  • 五臓六腑に染み渡る朝食もいいぞ

 

▼ 宿泊予約はこちらから▼

 よろしければ、ぜひ一度足を運んでみてください。