全力にゃんす!

七転八起☆至上主義!

【奈良 吉野 】青の交響曲に乗って「何か」を探す秋の女子旅

おしゃれな列車に乗って、キラキラした女の子達と楽しくおしゃべりしながら、美味しいスイーツをつつくという、とってもワクワクするオフ会に参加してきました!

 

続きを読む

【福岡県 ホステルねこ蔵】保護猫シェルター付きゲストハウスに宿泊&お手伝いしてきました!

かわいいにゃんこを愛で、美味しいお酒と料理に舌鼓を打ち、ふかふかのお布団で眠るだけで不幸な猫を救うお手伝いができるーそんな夢のような施設が博多に出来たので、行ってきました!
 f:id:nyansu-nyan:20171102132108j:image
 

<ホステルねこ蔵とは>

①保護猫シェルター、②カフェ&バー、③ゲストハウスの3つの機能を合わせ持った施設。
新築2階建てのこじんまりとした可愛い建物で、1階左手にシェルター、右手にカフェ&バー、2階にゲストハウス(男女別ドミトリー&個室)があります。
 f:id:nyansu-nyan:20171102132158j:image
 (写真はオープニングセレモニーのときのもの)
 
  • ①保護猫シェルター
 f:id:nyansu-nyan:20171103194439j:image
動物愛護センターから殺処分が決まった猫を救出、一時的に保護し、飼い主を探すための施設。
エサ代などの運営費用は宿や飲食スペースの売り上げから捻出しています。
 
同じ建物内に、飲食店や宿泊施設を兼ねているため、衛生管理はかなりしっかりしています。
 
・カフェ&バーとシェルターの入り口は別
・シェルター入室前に消毒&専用のジャンパー着用
・シェルター退出前にコロコロ、再度消毒
・常にスタッフが常駐
・飲酒状態での入室は禁止(隣のカフェ&バーから窓越しに見る事はできます)
 f:id:nyansu-nyan:20171103194518j:image
 
等々、細かいルールが定められており、ヘタな動物ふれあい施設よりもよっぽどちゃんとしているな、という印象。
 
中にいるにいる保護猫ちゃん達も、元野良猫ということで病気とか人懐こさとかどうなんだろうと思っていましたが、実際はこの通り。
 f:id:nyansu-nyan:20171103194542j:image
入った途端に可愛い子猫ちゃん達に囲まれ、オモチャを見せると全力で遊び回り。
まったりしたい大人の猫さん達は、頭上のキャットウォークから下界の様子をのんびり眺めながらくつろいでいるー。
なんというパラダイスですか、ここは。
 
ゲストハウスに泊まらなくても、シェルターの見学は可能です。(HPより要予約)
 
 
  • ②カフェ&バー
 f:id:nyansu-nyan:20171103194741j:image
昼間は和カフェ『茶蔵』、夜は日本酒バー『夜茶蔵』として、九州の新鮮な食材を使った料理や「チャンピオン・サケ」に輝いたこともある喜多屋さんの日本酒を使ったカクテルなどを楽しむ事が出来ます。
 f:id:nyansu-nyan:20171103194754j:image
お酒も口に含んだ瞬間にふわぁっと芳醇な香りが広がり、それでいてベタつかずスッと喉を通っていく感じ、控えめに言って最高。
 
 
  • ③ゲストハウス
 f:id:nyansu-nyan:20171103195333j:image
1泊2900円から泊まれる、素泊まりの格安宿。
二段ベッドが二つ並んだドミトリータイプのお部屋が4つ(うち半分は女性専用ドミトリー)と、1~2人用の個室が1つ、全部で18床あります。
 f:id:nyansu-nyan:20171103195521j:image
キレイなのはもちろんですが、ここでも随所にルンバや消毒薬が置いてあって、やはり衛生面にはかなり気を配っているのだなという印象を受けました。
 
 

<清掃ボランティア体験>

翌朝、保護猫シェルターのお掃除をお手伝いさせてもらうことに。
 
最大15頭を収容しているので、トイレ掃除だけでもかなり大変。
構ってちゃんは足にまとわりつき、キレイ好きさんは掃除したトイレを早速使い、やんちゃさんはゴミ袋を倒していく 、カオスな現場。
 

f:id:nyansu-nyan:20171103221436j:plain

手伝ってくれてるつもりなのか、勝手にルンバ起動させていくヤツもw
 
 そんななか、今まで300頭近くの保護猫のお世話をされてきたオーナーさんと色々お話しして感じたこと。
 
  • ①福岡県では、年間1億円もの税金を殺処分に使っている

この費用を少しでも命を救うほうに回してくれれば、というお話。

 

だけど、私個人の意見からすると、殺処分する行政が悪いっていう単純な話じゃないと思う。

愛護センターに断られたから、という理由で動物病院に安楽死を頼んだり、その辺に捨てて行くケースも珍しくない。

 

本当に大切なのは、生涯飼育の徹底や、無責任な餌やりが招く危険性の周知、TNR活動による繁殖の抑制など、殺処分に持っていく前の段階で対策を練ることなんじゃないか、と思いました。

f:id:nyansu-nyan:20171103224650j:image

 ※TNR活動…野良猫を捕獲して避妊or去勢手術を行い、再び元の場所へ返すこと。手術した猫には印として耳の一部をカットするため、その形状から「さくらねこ」と呼ばれる。さくらねこは地域ネコとして、一代限りの生涯を全うする。ここのカフェ「茶蔵」の屋号も、この「さくらねこ」が由来。

 

  • ②救えないこともたくさんある
施設のキャパの問題で引き取ることができない、せっかく保護しても病気で亡くなってしまう。
猫のことが大好きで、猫のために一生懸命頑張っているはずなのに、それでも助けられない悔しさ。いっそ関わらない方が良かったのかもしれない、と自分を責めることもしばしば。
 
それでいて、自称善意の人からは野良猫を保護したけど自分では飼えないから引き取ってくれ、治療してくれと押し付けられ、断ると激怒される。
 
この報われなさは、痛いほどよく分かります。
 
でも、そこで立ち止まるわけにはいかない。
 
たくさんの命と関わってきたからこそ、苦い経験もたくさんしてきた訳だし、関わらなければ失っていたであろう命もたくさんある。
 
同業者以外でもこんな覚悟を持って動物に向き合ってくれている人がいるんだなと、仕事を続ける上での励みになりました。
 
  • ③支援の形を増やしたい

f:id:nyansu-nyan:20171103234157j:image

 今回私が保護猫のために出来たことは、①クラウドファンディング、②ゲストハウス泊、③カフェ&バー利用、④清掃ボランティア、⑤ブログ執筆の5つ。

 

今まで私財を投げ打つか、仕事を辞めてボランティアしない限り貢献できないと思っていたので、趣味を利用して楽しく保護猫に関わることができて嬉しかったです。

 

ねこ蔵さんの考えでは、ゲストハウスやカフェだけでなく、ここを拠点に保護猫活動の場を増やしていくつもりのようです。

 

自己犠牲を伴わない支援の形がもっと広まれば、もっと多くの方が興味を持って関わりやすくなるんじゃないか。

寄付だけに頼らない自走式の慈善事業がもっと軌道に乗れば、もっと大きく世の中を変えていくことが出来るんじゃないか。

 

そんな事を思った、今回の旅。

 

この記事を読んでくださった方が、保護猫について、何か考えたり行動してくださるきっかけに少しでもなれたら幸いです。

人生初のまつ毛パーマで失敗した話

楽ちんで、キレイでいられて、リーズナブルに出来るまつ毛パーマ。

ネットでもリアルでも評判が良く、誰でも気軽に体験できます。

ですが、私は初めてのまつ毛パーマで、一歩間違えれば大変なことになりかねないような怖い経験をしたので紹介します。

 

事の顛末

 ホットペッパービューティーで検索し、近所のサロンを予約。ここまでは普段エステや美容室を利用するときと変わりません。

 

違和感①:カウンセリングほぼゼロでの施術

初めて来店するサロンでは、体質や好みなどをアンケートで記入したりすることが多いのですが、今回はそれが全くなし。

手書き(!)で作られた用紙に住所氏名電話番号を書くのみでした。

別にないから良いんだけど、アレルギーとか聞かなくて大丈夫なのかな?と疑問には思いました。

そのままエステ台の上に寝かされ、施術開始。

 

違和感②:「痛いけど問題ない」という説明

全てが目を閉じた状態で行われるため予想でしかありませんが、テープのようなもので目元を固定された後、かなり匂いのキツいパーマ液?を塗る直前で言われた一言。

「この液は弱酸性なのでしみるけど、目の中には入らないので大丈夫です。」

いやいやいや、それはさすがにおかしくない?

弱酸性だからしみるっていうのにも、しみるけど害はないっていうのも、目の中に入らなければ大丈夫という理論にも、全てに納得がいかなかったけど、既に固定されて塗られているし、されるがままにするしかありませんでした。

ちょっとしみるけど我慢できないほどではないな、という痛みに約1時間耐えた後、洗浄して終了。

 

違和感③:仕上がりが明らかに変

最後に鏡を見せられたときの正直な感想を言うと、

「うっわ、ブッサイク…」

元々は二重だったはずのまぶたが腫れて一重になり、相対的に目は小さく、まつ毛は短く見えるし、全てのまつ毛が真上に挙げられていて何か変!

それに何より、まばたきがしづらい!

 

↓当初のイメージとしてはこうなるはずが、

f:id:nyansu-nyan:20171020003643j:image

 ↓実際はこんな感じ。

f:id:nyansu-nyan:20171020001857j:image

それでもスタッフさんの「は?何か?」みたいな態度に何も言い返せなくなり、逃げるように帰ってきてしまいました。

 

帰宅してからもずっと目が痛がゆく、まばたきの違和感も治まらない。

鏡でよく確認してみたら、上まぶたにテープの跡のようなものがたくさん付いていて、それでまばたきがしにくくなっているようす。

 

生理食塩水で湿らせたコットンで優しく付着物を取り除くと、かなりマシにはなりました。

 

健栄製薬 コンタクトレンズ用食塩水 500ml

健栄製薬 コンタクトレンズ用食塩水 500ml

 

 ※病院が開いている時間ではなかったので自己責任で処置しましたが、傷や感染や炎症を起こしている可能性もあるので、本来なら速やかに眼科に行くべきでした。

 

それでも二重に戻るまでに2日、痛みが完全に引くまでは3日以上かかりました。

 

 

反省点

運悪く質が悪いお店に当たった、と言ってしまえばそれまででしょうが、自分にももっと出来ることはあったのではないかと考えてみました。

 

事前の情報収集不足

まつ毛パーマとは一体どんな方法で、どんな薬剤や器具を使ってやるのか、全く知らないままやってしまいました。

目の周りだからこそ、いつもより慎重に、デメリットについてもよく調べた上で体験するべきだったと思います。

 

違和感をそのままにする

これが一番やっちゃいけないことだった。

 

「初めてだから知らないだけで、これが普通なんだ」「成長するためには痛みを伴うことも必要」「我慢できない私が悪い」

 

個人的な経験上、納得できないことに対して、そう言い聞かせて耐えてみたものは、今までロクな結果になった事がない。

美容に限らず、そういう考え方をしてしまう癖があることに気付き、自分の性格について考えさせられました。

 

 

最後に

まつ毛パーマをかけて数日経った今は、目もぱっちり開き、カーブも良い感じに落ち着いて、人からも褒められるようになりました。

 

だからこそ、もっと良いサロンで受けていれば気持ち良く続けられただろうし、私と同じような思いをする人が増えて欲しくないなと思って、ネガティブな事でも書いておこうと思いました。

 

新しいことに挑戦していく勇気も、知らないものをそのまま受け入れていく素直さも必要だけど、自分の心の声を無視して抑え込んではダメだと、相手のためにも違和感はきちんと伝えていこうと痛感した出来事でした。

【徳島県】うずしおゲストハウスが最高だったので、その理由を3つ考えてみた

鳴門観光の際に利用した宿がとても良かったので、詳しくレビューします!

 f:id:nyansu-nyan:20171020002238j:image

鳴門観光ダイジェスト版はこちら

 【徳島県】なるとぐるぐる一人旅!【うずしおゲストハウス・渦の道・大塚国際美術館】 - 全力にゃんす!

うずしおゲストハウスとは

徳島県鳴門市大毛島にあるゲストハウス。

うずしおゲストハウスについて - UZUSHIO GUEST HOUSE

 鳴門大橋をのぞむ海岸沿いから少し道に入った住宅地の中にあります。

f:id:nyansu-nyan:20171016130457j:image 

最寄りのバス停(黒山)からは一本道を歩いてすぐですが、本当にこんな所にゲストハウスがあるのかというような場所&街灯がほとんどなく夜は真っ暗なので、早めの到着がおすすめ。

 f:id:nyansu-nyan:20171016130537j:image

今回の旅の目的である大塚国際美術館に近いから、という理由でなんとなく予約した宿でしたが、想像以上のホスピタリティとセレンディピティに恵まれたので、特に良かった点を3つ挙げたいと思います。

 

①人が良い

ゲストハウス一人旅で一番大事なことは、いかに共有スペースで楽しい時間を過ごせるか、だと思っています。

トークに自信がなくても、とりあえずその辺でお茶でも飲んでたら大丈夫!

 

  •  オーナー夫妻

f:id:nyansu-nyan:20171016131023j:image

アート好きで気さくなオーナー。

「この近くにはリゾートホテルしかなく、若い世代や一人旅には泊まりづらい。そんな人達が気軽に利用できるようにゲストハウスを作った。」とのこと。

f:id:nyansu-nyan:20171017004703j:image

おすすめのごはん処を聞いたら、地元のお寿司屋さんを紹介してくださいました!

具が大きくて新鮮で、口の中でシャリがほろっとほどけて、とても美味しかったです。

 

  • マネージャー

f:id:nyansu-nyan:20171016130751j:image

ゲストハウスによく見られるヘルパーではなくマネージャーと名乗っていたのが印象的。

去年訪れた、広島県尾道市のみはらし亭で修行していたらしく、ゲストハウストークで盛り上がりました。

トップページ - みはらし亭

 

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 

ゲストハウス100を眺めながら情報交換したり、この2週間前に行ったゲストハウスmammaの話題も出ました。

【香川県小豆島→豊島】絶景×グルメ×アートな秋の女子旅! - 全力にゃんす!

 ゲストハウスだけでなく、鳴門のことも大好きで色々教えてくれて、同年代の女性ということもあり、数時間ずっと喋っていました。

 

  • ゲスト

f:id:nyansu-nyan:20171016130812j:image

主にチャリダーさんや海外からのお客さんが多いとのこと。

 

私のような、旅人ではない美術館目当ての女性が週末に1人でふらっと泊まりにくるのは、まだ珍しいみたい。

でもそれこそがオーナーが来て欲しいゲストの理想像だったらしく、すごく喜ばれました。

 

ゲスト同士の交流やトラブルはその時の運にもよるけど、このときは程よい距離感で楽しく過ごすことができて良かったです。

 

 

②設備が良い

ターゲットを旅慣れしている人ではなく、美術館目当ての1人〜少人数旅にしているせいか、女性の一人旅でも快適に過ごせるようなつくりになっています。

 

  •  全室カギのかかる個室

 f:id:nyansu-nyan:20171016130838j:image

ゲストハウスでは珍しいつくり。

貴重品の管理や、エアコンの温度、他人や自分が出す生活音などに気を遣わなくて済むので楽です。

一室につき1-3名泊まれるので、少人数での旅行にも向いています。

 

  • 水回りがキレイ

 f:id:nyansu-nyan:20171016130914j:image

出来たばかりということもあり、トイレもシャワーも綺麗で気持ち良く使うことができました。

 

  • 湯船に浸かることができる

 f:id:nyansu-nyan:20171016130713j:image

 近くに銭湯がないのは残念だけど、湯船に自由にお湯を張ることができます。(2017年10月時点では無料)

まさかゲストハウスで、広めの湯船にじっくりと浸かるという贅沢ができるなんて…!

 

③周りの環境が良い

自転車で15分も走れば大塚国際美術館、もう少し行けば鳴門海峡という観光に優れた場所にありながらも、それだけではない、豊かな魅力に溢れていました。

 

  • 海沿いの静かな土地

 f:id:nyansu-nyan:20171018231309j:image

ただのんびりとお散歩するだけでも、とても癒されます。

この景色をぼーっと眺めるだけでも、はるばるやって来た甲斐があったなと思いました。

 

  • 不便だがそれが良い

f:id:nyansu-nyan:20171016131520j:image

バスは1時間に1-2本、夜は真っ暗。

近くのデイリーヤマザキは17時を過ぎるとあまり弁当が残っていない。

 

でも、だからこそ、ゲストハウスで地元の美味しいお店を紹介してもらえたり、観光コースを一緒に考えてもらったり、ゲスト同士で情報交換したり。

 

海沿いのバス停でぼーっと物想いにふけったり、近所のおばあちゃんとおしゃべりしながら一緒にバスを待ったり。

 

不便だからこそ生まれる交流が、旅をさらに面白くさせる。

f:id:nyansu-nyan:20171018233138j:image

アクセスの良い所へ、さっと行ってさっと遊んでくるのも便利だけど、時には「うわ、行くのめんどくさっ!」と思うような所へ行ってみると、新たな出会いや発見に恵まれるかもしれないと思いました。

 

【徳島県】なるとぐるぐる一人旅!【うずしおゲストハウス・渦の道・大塚国際美術館】

 今回は、1泊2日徳島県鳴門市の旅へ行ってきました。

 

目的は、世界中の名画(の模写)を集めていることで有名な大塚国際美術館。

大塚国際美術館|徳島県鳴門市にある陶板名画美術館

 

続きを読む

こうありたいと願うことこそが、私をつくっていく【2017年中に叶うことリスト10】

何かに追われるように取り組んでいた女子力修行から自分を解放して楽になった一方で、どこかつまらなさを感じていた頃に出会った一冊の本。 

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

太陽のパスタ、豆のスープ (集英社文庫)

 

 

 

続きを読む

女子力ぶつかり稽古録10選〜美容・健康編〜

女子力なんてくだらない、美人になって言ってみたい

 

そんな勝気な想いから始まった女子力修行。

 

とりあえず女子っぽいことを手当たり次第やってやんよ!と意気込んで色々やってみたうちの、美容や健康に関する項目10個をまとめました。

 

続きを読む

自分の良い所リストを作って戦略的に個性を伸ばしてみる

自分に自信がない、自己肯定感が低い、自分の強みを活かした仕事や人間関係を築きたいけどどうすれば良いか分からないー。

 

そんな悩みを抱えている方は結構多いのではないでしょうか。

続きを読む

自分らしくありながら変化を楽しむために心がけている3つのこと

もっと自分のことを認めたい、自分の良いところを引き出したい!と思う一方で、

もっと変わりたい、今の自分には欠けているものを取り入れたい!と願うこと。

 

この一見相反する想いで、ここ数ヶ月私の頭の中はぐるぐるしていました。

 

そのなかで何となく見えてきたもの、これからも迷うことはあるだろうけど出来ればこうしていきたいなと思ったことがあるので記録しておきます。

 

 

1.過去の自分を否定しない

 

変化を望んで行動しているときって、「私はこんなこともできなかったんだ…」と自信を無くして落ち込んだり、「あのとき〇〇した(しなかった)からだ…」と、つい過去の自分の行動や、周囲の環境を責めたくなってしまいます。

 f:id:nyansu-nyan:20170730173019j:image

でもその頃の自分も、自分なりに色々考えて、行動して、一生懸命生きようとしていて、その結果が今に繋がっているわけで。

 

ちょっと視点を変えてみると、「〇〇だったこそ、××出来た。その結果として今の私にはこんな個性や強みがある」という風に考えることも出来るのに、ひたすら過去の自分を否定して、責めて、いじめ抜くのは可哀想だし、そんなことをやっても未来の自分が幸せになれるとは思えませんよね。

 

過去に何が出来なかったかではなく、いま何がしたいのか、将来的にどうなりたいのか、を大切にしようと思います。

 

 

 

2.他人に正解を求めない

 

変わりたい!と思って行動すること自体は悪いことではないと思います。

 

でも、その原動力が「〇〇さんにこう言われたから…」とか、「努力してあの人を見返してやりたい!」等の、他人軸に合わせたものだとすごく苦しいです。

 f:id:nyansu-nyan:20170730174702j:image

人によって評価基準はバラバラだし、一体何が正解なのか分からない。

 

自分の良さを認めて我を通そうとすれば、「素直じゃない、可愛くない、無駄にプライドが高い」等と言われ。

 

自分の至らないところを認めて改善しようと努力すれば、「人に流される、自分がない」と言われる。

 

じゃあ一体どないせぇっちゅーねん⁉︎と思ったけれど、どないするかは自分で決めることなんですよね。

 

人からの何気ない一言が変わるきっかけになることはあるだろうけど、最終的に決断して行動するのはあくまで自分です。

 「なんとなく苦手なもの」に全力で向き合ってみる - 全力にゃんす!

変化に対して他人がどう評価するかを気にしてばかりいるより、自分の中にある「もっと新しい世界を知りたい!」という好奇心や、嬉しい・楽しい・面白いという感情を大切にして行動したほうが、ずっと豊かな時間を過ごせますよ。

 

 

 

3.自分の本音に耳を傾ける

 

「本当はどうしたいの?」と常に自問し、やりたいことはやり、やりたくないことはやらない。

 f:id:nyansu-nyan:20170730174338j:image

シンプルなようでいて、実行していくのはなかなか難しい。

 

お金や時間がないことを言い訳にしないこと、人を信頼して任せてみること、自分を甘かやしても良いんだと許可できること、その他にも色々な考え方が必要になってきます。

 

あんまり考え込みすぎると、夕食のメニュー1つ取っても、「今日は自炊をして自分を褒めてあげたほうが良いのか、それとも外食して自分を甘やかしてあげたほうが良いんだろうか…」と悩んじゃって、「良いからとっととご飯食べて寝なよ!」と突っ込みたくなるので、適当にその場のノリとかで決めちゃうゆるさも大事にしようと思いますw

 

とりあえず、笑えば良いと思うよ!

 

 

 

最後に

 

なんとなく流れに身を任せて生きるのではなく、こうありたいと願い、行動を起こすことは、常にワクワクしたり、ポジティブな変化を生み出したりすることばかりではありません。

 

どうしても自分へのダメ出しがキツくなったり、良くも悪くも刺激を受け過ぎたり、本当は何がしたかったのか分からなくなってしまったり。

 

それでも、新たな発見があったり、少しでも自分に自信が持てたりと、良いなと思う瞬間が0.1秒でも増えると人生がより楽しく感じられるんじゃないかなと思って、動いています。

 動けないから動かないんじゃない、動かないから動けないんだ - 全力にゃんす!

個人的には、自分という本屋さんの中に、今までの蔵書もあるけれど、新しいジャンルの本棚も増設してみました!くらいの気持ちでいきたいと思っています。

メイクレッスンで目指せナチュラル美人!【地味子の女子力奮闘記③】

月に数回しか化粧をしない私ですが、一度きちんとしたお手入れ方法や、本当の自分に合ったメイク方法を学びたいと思い、美容カウンセラーによる個別レッスンを申し込んでみました!

 

続きを読む

スレッディング(糸脱毛)で脱ひげガール⁉︎【地味子の女子力奮闘記②】

これは、今まで己の容姿を磨くことにほとんど興味を持たずに生きてきた女が、自分の美意識と全力で向き合い、外見や内面を変化させていくまでの、葛藤と奮闘を記した記録である。

続きを読む

エステで受け取り力を鍛えよう!【地味子の女子力奮闘記①】

これは、今まで己の容姿を磨くことにほとんど興味を持たずに生きてきた女が、自分の美意識と全力で向き合い、外見や内面を変化させていくまでの、葛藤と奮闘を記した記録である。

続きを読む