全力にゃんす!

仕事も趣味も全力で楽しむ弾丸トラベラー獣医師の雑記

6/14発売!「ぼくたちは習慣で、できている。」〜最後の自己啓発にするための、おすすめの読み方〜

前作「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」で世に一躍ミニマリストブームを巻き起こした佐々木典士さんが、ついに新作を出しました!

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

 


「ぼくたちは習慣で、できている。」

f:id:nyansu-nyan:20180613214847j:image

ゴリッゴリの自己啓発書っぽいな!?

 

それもそのはず。

佐々木さんはこの本を書くことで、「努力」や「才能」といったコンプレックスから解放され、自身にとっての「最後の自己啓発」にしようとしているのだから。

 

ならば読者はこの本をどう読み、どう利用していくのか。

 

本の内容や感想については、たぶん多くのブロガーさんが語ってくれるだろうから、私は本の「読み方」や「使い方」に焦点を当てて紹介していきたいと思います。

 

 

1. 考えるな!感じろ!

はい、まずは本を手元にゲットしました。

f:id:nyansu-nyan:20180613220444j:image

さっそく袋から出して中身を読む…のはまだ早い!!

 

まずは匂いチェック!存分に新刊の香りを楽しみましょう!

上から下からくんかくんか!

角を鼻の穴に突っ込まないように注意しながら、斜めからふんすふんす!

ページをパラパラして起こした風を感じながらすーはーすーはー!

うーん、今年の本も良い出来じゃ。

 

お次は手触りのチェック。

 

表紙をなでなで。

帯をさわさわ。

f:id:nyansu-nyan:20180613220632j:image

ページをめくるとザーラザラ。

f:id:nyansu-nyan:20180613220742j:image

カバーをめくって裏から透かしてみると、何かイケナイことをやっているようでドッキドキ。

 

内容も大事だけど、本作りへのこだわりを肌で感じてみるのも楽しいですよ!

 

え、kindle派?それはもう妄想して楽しんで!

 

 

2. さらっと読み流す

あれだけホットに愛でておいて、中身はクールに対処するというツンデレシステム。

f:id:nyansu-nyan:20180613221732j:image

おすすめの読む順番は、参考文献→はじめに→おわりに→本文、の流れ。

f:id:nyansu-nyan:20180613222419j:image

なんでかというと、まずは参考文献から本の傾向をつかんで、対策を立てるため。

 

この本、参考文献がめちゃくちゃ多いんですよ。41本。

実際はその何倍もの情報を集めて考えてまとめているだろうから、凄まじい濃度になっているんだろうな、と推測。

ジャンル的には心理学や脳科学、スポーツ論なんかが多そうだ。

さて、どう楽しませてくれるのかしら?

 

はじめに、からは作者の意図を読み取る。

なんで習慣をテーマした本を書こうと思ったのか?

この本を通して伝えたいことは?

 

キーワードは、「努力」「才能」「意志力」。

これらは決して先天的なものではないのだと。

「習慣」というツールを使いこなすことで、後天的に作られるものだから、この本からその方法を学んで欲しいと。

 

そして、おわりに。

 

ここには作者の人となりが表れることが多い。

 

両親への感謝の気持ちがすごく出ているのは、前作と同じ。

こういう所は、本当に尊敬する。

 

末尾は、いつもの仏頂面した仙人キャラにしては珍しくテンション高い。

執筆のゴールが見えてきて、ドーパミンがドバドバ出まくったのだろうか。

 

さて、ここまで考えた上で本文をどう読むかを考えておく。

自分にとって読み流して良い部分、ちょっと理解に時間がかかりそうなところ、特に注目しておきたい部分など。

 

ここをしっかりまとめておくと、15-20分くらいで読み終わっても、きちんと内容を自分のものにすることができます。

 

 

3. 気になるワードを抜き出す

本文をざっと読み流しながらも、ちょっと引っかかったワードはどんどん抜き出しておきます。

 

私の場合は、

・ドライヤーしながらスクワット

・やることのハードルを下げる

・習慣にしたいことをカウントする

・ペア読書

・よくない習慣をやめる

・イケメン美容師

など。

これらは全部、すでにやってきたこと。

小さな冒険100個チャレンジのマイルールと感想 - 全力にゃんす!

オンラインでペア読書をやってみた - 全力にゃんす!

麺断ち20日目で感じた功罪 - 全力にゃんす!

うちの担当美容師が最高なので全力で惚気させてくれ - 全力にゃんす!

ということは、すでに自分の武器として使える部分。

 

逆に、ジムやランニング、早起き、ヨガなどの習慣は気になってはいるものの、ずっと身につけられてはいない。

 

さて、この違いはなんなのだろうか?

色々な習慣を身につけるなかで、私にはどこが得意でどこが苦手なのだろう?

 

そこで、「習慣を身につけるための50のステップ」をチェック。

f:id:nyansu-nyan:20180613234544j:image

自分がやりたいことのためには、どのステップに注目すればいいのかを探します。

 

おそらく私が取り組むべきステップは、「07 真犯人を探す探偵になる」の部分。

 

私はノリと勢いで行動する力もあるし、そこで経験したものが楽しかったり面白かったり、納得のいく成果があれば続けることができる。

 

でも、ちょっとでも面倒くさいことがあったり、嫌な目にあったりすると、すぐテンション下がってやめてしまうとこがある。

 

しかし、例えばジムに行くのが億劫なのは、混んでいて思うようにマシーンが使えないことや、帰りが遅くなることで食事や睡眠が上手く取れないこと、高校の頃からのウェアを使ってるから微妙に着心地が悪いことなどが真犯人であって、黙々と筋トレすること自体はわりと好きだったりする。

 

真犯人を探し当ててその対処法を考えること。

それがどうやら私の課題であるようだ。

 

 

4. 実際に行動することを決める

読んでも行動を起こさない限り、自己啓発書などその辺で配ってるポケットティッシュ以下の存在だからね。

 

そんなことにお金使うくらいなら、高級トイレットペーパーでも買ったほうがよっぽど生活の質が向上しますよ。

 

この本をただの紙くずにするか、理想の生活へと近付けるための魔法の書にするかは、自分次第。

 

別に書いてある通りのことじゃなくてもいい。

習慣に限定しなくてもいい。

どれが正しいかなんて考える必要もない。

 

とにかく、なんでも良いから小さな一歩を踏み出してみること。

 

そのまま走りだせるかもしれないし、足が止まってしまうかもしれない。

思っていたのとは全然違う方向に進んじゃって、大きく針路変更しなきゃいけないかもしれない。

 

どれだけビビってても、格好悪くても、予防線を張りまくっても構わない。

 

走りながら考え、考えながら走る

 

私が今回おすすめした読み方は、読みながら考え、考えながら読むもの。

 

「ぼく習」をまだ読んでない方も、すでに一読した方も、こんな風に読んでみたら、新しい発見があるかもしれません。

ぼくたちは習慣で、できている。

ぼくたちは習慣で、できている。

 

 

 

【ダイビング初心者】週6勤務の多忙女子がCカードを取得するまで

f:id:nyansu-nyan:20180607234223j:image

そうだ、南の島でダイビングをやろう!

 

社会人になって初めて、年末年始以外にもらえた4連休。

 

もう嬉しくて嬉しくて、ずっとやってみたかったダイビングに勢いで申し込みました。

 

約1ヶ月後にファンダイビング3本。

 

そう、このときは知らなかったのです。

 

ファンダイビングというのは、体験ダイビングと違って、Cカードと呼ばれるライセンスが必要なことに…。

 

だけど申し込んじゃったからにはライセンス取るしかない!

 

これは、勘違いから生まれた夢を本物にするために、2週間足らずでCカードをもぎ取った愛と根性の実話です。

 

 

ダイビングスクール選び

f:id:nyansu-nyan:20180608002104j:image

ダイビングのライセンス(以下Cカード)は、スクールに通って学科や実技の講習を受けて、インストラクターさんに認められれば晴れて合格となります。

 

まずは、講習を受けるスクール選び。

 

スクール自体は探せばたくさんあるのですが、なんせこちらは週6勤務な上に、ファンダイビングまでの時間がない。

 

PADIとかNAUIとかダイビング団体も色々あるし、講習内容や価格も微妙に違ったりするけど、とにかく期日までにライセンスが取れればなんでもいい。

 

とにかく近くのダイビングスクールに片っ端からメールしまくって、「何日と何日が空いてるんですが、この日程で何日までにCカード取得できますか?」と問い合わせしました。

 

大抵のダイビングスクールは、何曜日が学科で何曜日が実技、みたいに日時が決まっているので、予定を合わせるのが難しく、10件以上問い合わせて、ようやくこちらの都合に合わせてくれるスクールを見つけました。

 

この時点で南国への出発まで残り3週間。

 

私の状態はというと、

・週に全休と半休が1日ずつ

・ほとんど泳げない

・耳抜き出来ない

・小柄で筋力もあまりない

 

Cカード取得の条件は、

・学科講習

・学科テストで8割以上正解

・プールもしくは浅瀬の海で実技

・水深のある海で実技

 

「こんなんで本当にできるの!?」と、講習の間はずっと不安でしたね。

 

 

1回目(半休):打ち合わせ&学科講習

f:id:nyansu-nyan:20180607235818j:image

ついにドキドキの初スクール。

 

同年代くらいの女性のインストラクターさんでちょっと安心。

 

これからのスケジュールについて打ち合わせした後、4時間くらいみっしり講義を受けました。

 

教本とDVDを使って、次回のテストまで時間を見てはちょこちょこ復習しました。

 

同時に耳抜きのやり方も練習。

 

以前は鼻と口押さえて息を吐いても、なぜか目頭から空気が出ていたのが、なんとか耳から出てくるようになりました。

 

 

2回目(全休):学科テスト

f:id:nyansu-nyan:20180608002922j:image

 本来は海での実技の後にテストの予定だったのですが、海況が思わしくなく、先にテストをやりながら様子を伺うことに。

 

テストの結果は、100点満点中96点!

満点狙ってたのに、ちょっと残念。

 

そして、肝心の実技はやはり波が高く、次回に延期することに。

 

天気のことだから仕方ないんですが、予定が延びたことでかなり焦りました。

 

 

3回目(半休):地獄の海洋講習

f:id:nyansu-nyan:20180608003426j:image

いよいよドライスーツに着替え、機材を背負って海へと潜ります!

 

機材はタンクが11kgに、ウェイトが7.5kg、その他諸々合わせると20kg以上あるものを背負ってビーチを移動。

 

この時点で、「なんで私、仕事終わりに重りつけて海底に沈められなきゃいけないんだろう…」とテンションガタ落ち。

 

ドライスーツは苦しいし、海中にいても上手く体勢が維持できないし、何回か溺れて海水飲むし、波に酔って吐きそうになるしで、全然楽しさとかなかったです。

 

そして何より自分の体力のなさに唖然。

 

そりゃムキムキではないけど、立ち仕事だし、日常的にスクワットとかはやってたから、普通の女子よりは体力あるだろうと思ってたけど、タンクを背負う力も、フィンを履いて海中を泳ぐ力も全然ない。

 

この日は肉体的にも精神的にも辛すぎて、帰ってから何も喉を通らなかったです。

 

 

4回目:感動の最終実習

f:id:nyansu-nyan:20180608005046j:image

最後の講習は、水深が深い海での実習。

 

普段はキレイで、有名な写真家さんが来るようなダイビングスポット…のはずが、この日は赤潮が大量発生。

 

海岸からすでに異臭が立ちこめていましたが、漁村育ちの私はむしろ懐かしさにどこかホッとしました。

 

ただ、海中が全く見えん!

インストラクターさんの指示も分からない!

シュノーケルに詰まって、息を吹いてクリアするときめちゃくちゃ重い!

 

遠くまで泳いで、海中深くまで潜ってしまえば赤潮の影響からは逃れることができたので、そこで講習。

 

前回とは違って、酔い止めも飲んでいたし、体勢保持やフィンキックを想定した筋トレも家でしていたので、比較的落ち着いて受けることができました。

 

そこであぁやっぱり私は海が好きなんだなぁと実感。

 

無事に講習を終え、Cカードを取得することができました。

 

 

最後に

f:id:nyansu-nyan:20180608012019j:image

今回取得したCカード、実は10年前からずっと取りたいと思っていたものでした。

 

当時はお金がない、時間がないと自分に言い訳しては、周りで取得する友人達を羨むばかりで。

 

本当は、あのとき取っておいたほうが遥かにラクで楽しかっただろうし、確かに5-6万くらいの安くないお金がかかったけど、貧乏学生だった頃でも頑張ればなんとかなったんじゃないかなと今になったら思うのだけど。

 

でも、インドア派で海水浴が嫌いで週6で働いているアラサーの今の私でもライセンスが取れて、人生がより楽しくなったから、ちょっとでも海の世界に興味があるなら、ぜひやってみて欲しいなと思います。

 

f:id:nyansu-nyan:20180608011943j:image

まずは漫画でダイビングの世界を知ることから始めるのもおすすめです!

 ぐらんぶる コミック 1-10巻 セット

ぐらんぶる コミック 1-10巻 セット

 

あまんちゅ! コミック 1-11巻セット (BLADE COMICS)

あまんちゅ! コミック 1-11巻セット (BLADE COMICS)

オンラインでペア読書をやってみた

f:id:nyansu-nyan:20180310153155j:image

以前こちらの記事を読んで、

『ペア読書』という最強の読書法を見つけたので図解します。|そや|note

「面白そう!やってみたい!」とTwitterでつぶやいたところ、オンラインでやってみることになったので、そのやり方や感想を紹介します!

 

続きを読む

【高知】無料レンタサイクルで巡るノープランぶらり旅

福岡県の小倉から夜行フェリーで愛媛に入った後、高速バスでやってまいりました初高知!

 

nyansu-nyan.hatenablog.com

nyansu-nyan.hatenablog.com

 

f:id:nyansu-nyan:20180221143209j:image

高知駅の改札前を通った瞬間から、もうヤバい予感しかない。

 

続きを読む

【愛媛 早朝観光】朝6時から始まる道後温泉&松山城の旅

 夜行バスやフェリーの旅などで困るのが、『早朝の過ごし方』。

朝早くから開いているお店も少ないし、どうしても暇を持て余し気味ですよね。

 

そこで今回、朝6時前に道後温泉に着いてからお昼までの過ごし方を紹介します。

 

続きを読む

【小倉→松山フェリー】はじめての船中泊体験記

福岡県小倉港から愛媛県松山観光港までの夜行フェリーに乗ってきました!

f:id:nyansu-nyan:20180210200704j:image

松山・小倉フェリー株式会社

フェリーの大きさにびっくり。

果たして内部はどうなっているのか!?

船酔いは大丈夫か!?

 

続きを読む

うちの担当美容師が最高なので全力で惚気させてくれ

髪型なんて、仕事や勉強の邪魔にならなかったらどうでもいい。

 そんなやる気のない私に、ホームケアやセットの楽しさを根気づよく教えてくれた美容師さん。

今回は、その方のここが素晴らしい!まじリスペクト!という部分を紹介していきます。

美容関係者だけでなく、接客業や専門職の方にも参考になると思います。

続きを読む

「何でも楽しめる人」になる〜ミニマリストinゲストハウスほどほど〜

 1月13日に行われた、ミニマリスト佐々木さんのトークイベントの感想です!

f:id:nyansu-nyan:20180130003818j:image

会場は名古屋から1時間ほどのところにある南知多ゲストハウスほどほど。

南知多ゲストハウスほどほど - トップページ

本っ当に優しさと愛に溢れた素敵なゲストハウスで、こちらの本で絶賛するのも納得でした!

続きを読む

小さな冒険100個チャレンジのマイルールと感想

どんな小さなことでも良いから、3ヶ月以内に新たな挑戦を100個やるぞ!と決意。

こうありたいと願うことこそが、私をつくっていく【2017年中に叶うことリスト10】 - 全力にゃんす!

結果的に、121個の冒険を達成することができました。

続きを読む