読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全力にゃんす!

常識の、斜め上を目指して。

【京都 鹿王院】女性専用の宿坊!静寂を楽しむ大人の秋の過ごし方

旅行 ミニマリスト

ずっとやってみたかった宿坊体験に思いきって申し込んでみました!
鹿王院-宿坊
f:id:nyansu-nyan:20161125013814j:plain
紅葉の名所でもある鹿王院(ろくおういん)では、女性限定で宿坊の受け入れをされています。


チェックインまでの流れ

場所は、嵐電鹿王院駅からすぐですが、住宅街の真ん中にあるのと、辺りが真っ暗なので少し迷いました。
f:id:nyansu-nyan:20161125014023j:plain
昼間は紅葉が綺麗でしたが、夜は正門から奥の入り口までに明かりがなくて怖かった!

19時半までに食事を済ませて中へ入り、書類記入とお支払い。(1泊朝食拝観料込4500円)
その後、お風呂やトイレ、お部屋を案内されます。

この辺りの流れは、ゲストハウスと同じです。


まずは何もない空間を堪能しよう

お部屋はこちら。
f:id:nyansu-nyan:20161125014053j:plain
置いてあるものは、我が家のミニマムルームと大して変わりないんだけど、やっぱり静謐さが全然違う。


私が18時頃着いたときには、相部屋の方はまだいらっしゃらなかったので、しばらく何もない部屋でぼーっとしていました。

たまに列車の走る音が聞こえる以外は、本当に静か。

無音を楽しむって実はこんなにも贅沢なことだったんだなと感じました。


相部屋ならではの交流

1時間くらい静寂を楽しんでいると、相部屋の方が来られたのでお茶を飲みながら軽くお話。

同世代くらいの、1人旅と京都が好きな方でした。
「ゲストハウスにも興味はあるけど、外国人ばかりで何だか怖そうだから、結局高いけどホテルを使っている」とのことだったので、ゲストハウスガイド100をオススメしておきましたw

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

私が行ったときは、宿泊者は二人だけだったので、襖で仕切って一人一部屋状態でほどよい距離感で過ごすことができました。


お風呂は交代制

そうこうしていると、お寺の方がお風呂にお湯を張ってくださったので交代で入ることに。

お風呂は普通の家庭用の浴槽+シャワー。

シャンプー類やタオル等は持参。

これはいつものゲスハ泊と同じなのですが、地味に困ったのがドライヤーがないこと。

部屋に暖房器具もなく、頭が濡れたら風邪ひきそうだったので洗髪は断念。翌日銭湯へ行きました。

夜は寒さと飢えとの闘い

お風呂にはいったら後は寝るだけ。

ただ、和室に暖房なし&掛け布団1枚だけなので寒い!

そして、お腹空く。

しかし、日頃の修行の成果か、持っている服を着込んだり、お白湯を飲んだりして調整すると、意外とぐっすり眠れました。

昼間は首に巻いているスヌードを、夜はお腹に巻くとすごく暖かくなるのでおすすめ!
(但し見た目はダサいので人に見られないように)

待ちに待った朝!

朝は障子越しに射し込む日の光や、物音、館内放送のアラーム等々で目覚めます。

寒くて布団から出るまでが試練。

この日は朝の御勤めがなかったので、早速朝ごはん。

鹿王院の朝ごはんはすごく美味しいとの評判だったので、これを楽しみに来たと言っても過言ではない!
f:id:nyansu-nyan:20161125014449j:plain
(お味噌汁とご飯のおひつも付きました)

決して旅館のような豪華さはないけど、1つ1つが滋味深くて、特にゆり根入りのがんもどきが本当に美味しかった…!


秋の京都を独り占め!

朝食後は、お堂を開けてくださったので参拝したり、ゆっくりお庭をお散歩したりして過ごしました。
f:id:nyansu-nyan:20161125014536j:plain
普段は混雑する秋の京都を、静かにのんびり味わえるのは宿坊の醍醐味ですね。


まとめ

・夜道の迷子に注意!不安な方は明るい内に到着するか、昼間に下見を。

・宿坊は「なんにもない空間」を楽しむところ。人によっては退屈かもしれないけど、ただぼーっとするだけでも新鮮な気付きが得られることも。

・相部屋はそのときの運。人が多いのが苦手であれば、平日や、朝のおつとめがない日を狙えば空いているかも。

・タオルやアメニティ、ドライヤーは持ち込み。昼間の内に銭湯に寄っておくと楽。

・夜の空腹は修行と思って耐えられるけど、寒がりさんは冷え対策を。

・朝のごはん&お散歩タイムは至福。また行きたい!
f:id:nyansu-nyan:20161125015604j:plain


宿坊体験は、想像以上に豊かな『静かさ』を感じられるので、ぜひ一度足を運ばれてみてください。

【京都 建仁寺】初めての座禅会&写経体験!瞑想中に感じたこと

旅行 雑記

毎月第2日曜の朝8時から行われる、建仁寺での座禅会に参加してきました。
禅寺体験 | 建仁寺
f:id:nyansu-nyan:20161117031038j:plain


座禅会開始までの流れ

f:id:nyansu-nyan:20161117025331j:plain
早朝の鴨川をのんびりお散歩しながら会場へ。

こちらの座禅会は参加費無料、予約不要なので旅行者でも気軽に参加しやすいです。
f:id:nyansu-nyan:20161117025448j:plain


少し早めに到着したので、お庭を観賞。

静かな雰囲気のなかで、朝日に照らされたお庭を眺める贅沢な時間。
f:id:nyansu-nyan:20161117025254j:plain
座禅は大広間に座布団(坐蒲)をたくさん並べて行いました。

この日は人が多かったのか、縁側で組まれる方も。


まず始めに、座禅の組み方や姿勢の正し方、視線のやり方などを習います。
f:id:nyansu-nyan:20161117025607j:plain
座布団の上に、もう1つ半分くらいのサイズの座布団が置いてあって、そこに腰かけて足を組みます。

片方の足だけをのせる方法(半跏趺坐)だと、体が固い私でも楽に組むことができました。

それよりも、開け放たれたお寺で裸足になることのほうが冷えて辛かったです。

姿勢を正し、呼吸を整えたら、鐘の合図とともに座禅開始。

一気に張り詰めた空気が漂います。


そもそも何故座禅会に参加しようと思ったのか

こんな私も修行したい!精神道入門

こんな私も修行したい!精神道入門

今まで、呼吸に集中してみたりアプリを使ってみたりして、独力で瞑想ぽいことは時々やっていたんだけど、いつも「自分の体に意識を集中」するだけで留まっていて。

よく言われる「フロー状態」や「ゾーンに入る」っていうのも、仕事とかに没頭していると『自動操縦モード』になってて、いつの間にか終わっていたなんてことはよくあるんだけど、これが『瞑想状態』かって言われると正直疑問で。


ぶっちゃけ「脳をすっきりさせる」という目的なら、仮眠したほうがよっぽど効果的なんじゃないかと思っていたくらい。


そもそも雑念や妄執にとらわれやすい人ほど、安易に1人で心の奥に潜るのは危なくない?


でも経験したこともないのに、憶測で決めつけるのも違う気がする。

怖いけど、気になるんだったら、やってみよう!

怪しくない場所で、万人に開かれていて、初心者も多いところなら、たぶん大丈夫なはず!

いつもの事ながら、豆腐メンタルを好奇心でカバーし、行動力で押しきる感じで参加を決意しました。


座禅中に感じたこと

建仁寺では、20分×2回の座禅を行います。
f:id:nyansu-nyan:20161117025912j:plain
まぁ初めは全然集中できないよね。

畳の模様、人の気配、お坊さんの動き等々、周りが気になって仕方ない。

呼吸を数えようとしても、10まで数える前に雑念が浮かんでくる。

視線も見ようとすると情報として入ってきちゃうし、見ないようにすると段々寄り目になってきて変な感じに。
いっそのこと目を閉じようかとも思ったけど、そうすると眠くなるし。

あれこれと試行錯誤しながら、片目を閉じて片目を半目にするという妙なスタイルに落ち着いたところで、1回目の座禅が終了。

休憩中は足先の冷えや懲りをほぐして過ごしました。


そして2回目の座禅。

先ほどよりはスムーズに集中していけましたが、ここで浮かんだのが、「警策どうするか問題」。
(警策:お坊さんが棒でバシィッと喝入れるあれです。)

こちらでは志願者のみ受けることができます。

せっかくなので受けようかとも思ったのですが、隣の人が警策を受けたときの風圧を感じた瞬間、オカマバーでハリセンくらったときの事を思い出してしまい。
【京都カルシウムハウス】ゲイは芸!?梶子ママに学ぶ『職業オカマ』としての生き様 - 全力にゃんす!

あ、これこのまま受けたら逆にステージショーが脳内再生されるやつだ。

そのままオカマさんの妄想を追いかけずに見送るため、敢えて断念。

煩悩にも程がある!


そして、その少し後くらいから記憶がない。


突然終了の鐘がなって、すごくびっくりした。

しばらく動けないし喋れない。

感覚としては、子どもの頃、夢中になって本を読んでいると、読み終わってもしばらく本の世界から帰ってこれないときがあったんだけど、それのもっと深くて暗いバージョン。寝起きともまた違う。


瞑想からの目覚めってもっと優雅なものだと思っていたけど、わたわたと落とし穴から這い上がるような気分だった。


超集中状態だったのか、妄執にとらわれて闇落ちしかけたのかはわからないけど、


こっわ!
こんなんよく気軽にオススメするなー。

人がいるところでやって良かった!


これが瞑想直後の正直な感想。


お経の唱和と茶礼と法話の間に段々落ち着いてきたけど、1人でやるときは、まずは時間を短めにして、終わり方もきちんとしようと思いました。


写経にもチャレンジ!

座禅会の後、お寺を拝観して回り、受付で写経を申し込んでみました。志納料1000円。

上から筆ペンでなぞるタイプなので、初心者でも簡単に始められます。

どちらかと言えば、文字を書くというより、絵を塗る感覚に近い。
f:id:nyansu-nyan:20161117030432j:plain
ただ、ここで写経するにあたり問題が。

写経を始めたときは、まだ一般の開館時間前だったので静かだったのですが、拝観客が増えるにつれて、ガヤガヤと声が大きくなり。

一応専用のお部屋が用意されていて、そこでやるのですが、拝観順路に開け放れて位置しているため、「写経部屋」と書いてあるにも関わらず、一般の方も平気でずかずか中に入って後ろで大声で喋る。

もっとひどくなると、勝手にシャッター音を響かせて写真を撮り出す始末。


いや、貴方達の撮影協力のために書いているわけじゃないんですが。


よっぽど振り返って睨み付けようかとも思いましたが、これも修行の1つだと思い、作業に集中することに。

しばらくすると周りの雑音などどうでも良くなってきましたが、写経希望者以外の入室や無断撮影は完全にマナー違反なので、是非とも改善して頂きたいところです。

とはいえ、写経自体は墨とともに心の汚れが出ていくようで、文字の一画一画を丁寧に扱いながら筆を運ぶのは、とても充実した時間でした。
f:id:nyansu-nyan:20161117030625j:plain
写経される方は、
・人が少ない時間(平日or座禅会直後)
・一番前の隅の席(撮られても後ろ姿だけで済む)
・最後に願い事や住所氏名を記入する際は、現実に戻ってきて周りに注意

など、いくら心を浄化するために夢中になっていたとしても、最低限の自衛心は忘れないでください。


最後に

f:id:nyansu-nyan:20161117030705j:plain
座禅も写経も、良いことも悪いことも含め、実際にやってみなければわからないことばかりでした。

自分の心と向き合う行為なので、人によって感じ方は大きく異なるでしょうし、同じ人でもそのときの心の持ちようによって捉え方は様々に変化していくと思います。


たった1回で何かが劇的に変わるほど人は単純ではありませんが、されど1回体験してみることで、日常のふとした瞬間に呼吸に意識を向けてみたり、文字の止めはねにちょっとだけ気を配ってみたり。


誰にも気付かれないだろうけど、ほんの少しだけ「今」を丁寧に生きることが出来るようになったのかな、と思いました。

【和歌山】カッコイイ大人達が本気で遊ぶ、最高の文化祭に行ってきた【ARCADE in海南2016】

旅行

10月22、23日に和歌山県海南駅前で開催された、理想の商店街をつくるプロジェクト『ARCADE』に行ってきました!
ARCADE

続きを読む

元人見知りが1人で旅に出るようになって感じた5つの内面的変化

ゲストハウス 旅行 雑記

元々は自己肯定感も高くなく、人と接することがあまり得意ではなかった私。


今もそんなに自信があるわけではないけれど、
週6勤務の合間を縫って出かけるようになってからは
自分でも随分変わったなと思うところがあったので、書き出してみます。

君はどこにでも行ける

君はどこにでも行ける

続きを読む

【荷物公開】ゲストハウス宿泊する際の荷造りポイント5選(女性向け)

ゲストハウス ミニマリスト 旅行 美容、ファッション

どうも、ミニマリスト女子の間でも荷物の少なさには定評のあるにゃんすです。
f:id:nyansu-nyan:20161005235529j:plain
お出かけした際にはゲストハウスに宿泊することが多いのですが、ゲストハウスというのは基本的にタオルや寝間着、歯ブラシ等のアメニティが付いていません。

なのでこれら全てを用意しておく必要があります。

続きを読む

【グリシェンカフェ】ウィグル愛溢れる個性的なお店へ行ってきました!【北九州・門司】

ゲストハウス 旅行 料理

あなたは好きなもの・ハマっているものを全力で他人にオススメすることができますか?

今回は、新疆ウィグル地区というあまり馴染みのない場所をテーマにした、ちょっと変わったカフェに行ってきました!

続きを読む

ゲストハウス初心者ほどイベントに参加して欲しい3つの理由【ゲストハウスガイド100出版イベントin北九州】

ゲストハウス

「ゲストハウスに興味はあるけど、実際行ってみるのはなかなか勇気が出ない」「見知らぬ人といきなり一緒に寝泊まりするなんて無理!」ーそんな事を思っている方は結構多いのではないでしょうか。

続きを読む

【ゲストハウスガイド100出版記念イベントin和歌山】著者のだりさん、編集者の佐々木さんについての印象と私自身の変化

ゲストハウス オフ会 ミニマリスト 旅行

ゲストハウス紹介サイト FootPrints編集長のだりさんがついに公式ガイド本を出した!

しかも編集者はミニマリストの佐々木さん!

日ごろからtwitter等で交流させて頂いているお二人が、なんと対談イベントするんですって!

 

というわけでさくっと和歌山まで行って参りました。

続きを読む

しろくま×砂むし風呂で自分をリセットする夏の旅【鹿児島・指宿】

料理 旅行

夏!!あんまりお休みは取れないけど、夏休みっぽいことがしたい!

暑いときこそ南国ムード漂うところでのんびり過ごすのも季節の楽しみ方の1つですよね。

そういうわけで、ちょっと鹿児島まで遊びに行ってきました。

続きを読む

獣医師が懸念する、この時期愛犬と散歩する際に気をつけて欲しい5つのこと

動物のお医者さん 現役獣医師の本音

夏休み!日も長くなったことだし、愛犬と一緒にたくさん遊んで楽しい思い出をいっぱい作るんだ!!
そう思ってワクワクしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

しかし、たとえ火の中水の中あの子のスカートの中以外であっても、気をつけて欲しいところはたくさんあります。

そこで今回は、散歩中の事件・事故としてよく見聞きするもの5つを取り上げてみました。

続きを読む

一人暮らしにも飽きてきたので、無口で料理上手な方と暮らし始めました【ネタ】

ライフハック 料理

一人暮らしは気楽で快適だけど、誰かが帰りを待っていてくれるっていうのも悪くないなと思い始めた今日この頃。

ひとりぐらしも何年め? (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

ひとりぐらしも何年め? (メディアファクトリーのコミックエッセイ)

続きを読む

【福岡・竈門神社】干物女だけど話題の縁結び神社に行ってみた

オフ会 ミニマリスト 動物のお医者さん 旅行

今まで縁結びやら婚活やらにあまり興味はなかったのですが、色々と思うところがあり太宰府にある竈門神社まで御詣りしてきました。

続きを読む

【京都カルシウムハウス】ゲイは芸!?梶子ママに学ぶ『職業オカマ』としての生き様

オフ会 旅行 雑記

オカマバーオフ会レポート第3弾!今回は京都・祇園にある老舗カルシウムハウスへ行って参りました。
カルシウムハウス|京都・祇園のカルシウムハウスは笑いと感動のニューハーフショー!

続きを読む